サバイバルウェディング 動画2話の無料視聴と宇佐美が伝えた愛

2018年7月期からスタートした夏の新ドラマ『サバイバルウェディング』は波瑠さん主演のドラマですが、注目度も高く夏のクールで継続して見ようという声も多いみたい。

恋愛コメディのサバイバルウェディングですが、波瑠さんの演技だけでなく、それぞのキャストさんのキャラも個性的なので、今後の恋愛の展開がさらに面白くなりそう!

ということで、今回はこの『サバイバルウェディング』第2話の見逃し無料視聴方法とあらすじや見どころ、ネタバレを含んだ印象に残ったシーンをお伝えしていこうと思います!

 

ドラマ「サバイバルウェディング」のおすすめ関連記事

>>ドラマ「サバイバルウェディング」第3話のあらすじネタバレはこちら

>>ドラマ「サバイバルウェディング」全話のあらすじネタバレはこちら

 

ドラマ「サバイバル・ウェディング」第2話の無料お試し視聴方法

 

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の動画を無料視聴する方法は動画配信サービスの「hulu」を使った方法です。

 

「hulu」は人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスで、基本料金は月額933円(税抜)ですが現在2週間の無料お試しトライアルを実施中です!

 

つまり、期間限定で全ての動画を見放題で楽しむことができるんです!

 

テレビやPCだけでなく、スマホやタブレット、ゲーム機を使っても視聴可能。

 

もし試してみて、観たいものが観れたら無料期間内に解約することで料金は一切かかりません。

 

でも、無料期間が終了したとしても、月額933円で全ての動画が見放題というのがかなりお得ですよね!

 

まずは2週間の無料トライアルを使って、ドラマ「サバイバル・ウェディング」動画の2話を観てみるのがおすすめ!

 

波瑠さんの関連動画もまとめて視聴することができるので、huluで視聴してみるといいですよ♪

>>ドラマ「サバイバル・ウェディング」の無料お試し視聴はこちら

 

本サイトの配信情報は2018年7月27日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはhuluの公式ホームページを確認してください。

 

ドラマ「サバイバル・ウェディング」2話のあらすじ・見どころ

 

「大切にされたかったら体を許すなよ」宇佐美(伊勢谷友介)から恋愛戦略を聞かされた直後にも関わらず、元婚約者の和也(風間俊介)に迫られ思わず流されてしまったさやか(波瑠)。
「編集長には絶対言えない…」宇佐美への後ろめたさを感じつつも、婚活連載「サバイバル・ウェディング」の初回に向けて準備をスタートさせる。
結婚を楽しみにしている実家の母・美恵子(財前直見)からの電話には「式が半年延期になった」ととっさにウソをついてしまうが、やはり“自分を安売りしてしまった”さやかに和也からの連絡は途絶えたままだ。

そんな中さやかが出会ったのは、新たに担当になったタイアップ広告の代理店営業マン・祐一(吉沢亮)。
実は祐一は、先日のイベントでさやかが用意したガッツリ系のお弁当を唯一食べてくれた着ぐるみの“中の人”だった!
仕事もできる“超絶さわやかスーパーイケメン”祐一にときめくさやかだったが、クライアントの愛され系女子・美里(奈緒)も彼に絶賛アプローチ中。
さやかは美里が仕掛ける女子力対決を受けて立とうとするが…。

久しぶりの“恋のはじまりの予感”をさやかは生かすことができるのか!?
和也との関係には“未来”があるのか!?
そして宇佐美がさやかに授ける次なる“作戦”とは??

引用:https://www.ntv.co.jp/survival-wedding/story/02.html

 

元カレ底なし沼にハマってしまったさやか。

イケメン王子と再会して浮かれつつ、リセットするため底なし沼からの脱出を図る姿が見どころです。

 

ドラマ「サバイバル・ウェディング」2話のネタバレ感想

 

「大切にされたかったら女としての価値を高めるために体を許すな」

 

と宇佐美(伊勢谷友介)に恋愛戦略を伝えられた直後、男の影をちらつかせた効果で、和也(風間俊介)に迫られたさやか(波留)は、流されて体を許してしまいます。

 

しかも案の定、和也の都合の良い女ポジションに納まってしまいます。

 

宇佐美に体を許してしまったことを伝えられないさやかは、近況を聞いてくる宇佐美をかわしつつ、婚活コラム「サバイバル・ウェディング」の連載記事を執筆し始めます。

 

新たに担当となった川村製薬とのタイアップ打ち合わせのため、川村製薬へ赴いたさやかは、代理店の柏木(吉沢亮)にトキメキますが、アラサーで愛され系女子とは程遠い自分に勝機を見出せません。

 

和也への思いを断ち切れず、宇佐美に相談することができないさやかを心配した三浦(高橋メアリージュン)が、宇佐美に和也とのことを伝えてくれたおかげで、さやかは宇佐美から次の恋愛戦術を伝えられます。

 

「リセットして、一からやり直す。自分を大切にする」

 

ルイヴィトンのマーケティング戦略で自分を大切にすることの大切さを宇佐美から教えられたさやかは、三浦と共に部屋の断捨離を実施。

和也との思い出の品をすべて捨てます。

 

そんな断捨離のことを記事にしたさやかの初回コラムは、宇佐美からOKが出て、次の段階のイラストレーター探しに発展します。

 

一方、和也の部屋では、恋人と思われる若い女性が和也の部屋の断捨離中。

メイク道具などを捨てる彼女に特に目もくれない和也でしたが、さやかと一緒に作ったマグカップだけは捨てることを許しません。

 

さやかは捨てていましたが、和也はまだ未練があるのでしょうか。

ここで第2話はおしまいです。

>>ドラマ「サバイバルウェディング」第3話のあらすじネタバレはこちら

>>ドラマ「サバイバルウェディング」全話のあらすじネタバレはこちら

 

ドラマ「サバイバル・ウェディング」2話のあらすじネタバレで印象に残った言葉・シーン

 

宇佐美がルイヴィトンのマーケティング戦略を用いて、さやかに自分を大切にするように伝えた言葉が印象に残りました。

 

「バッグならいくらでも代わりはあるが、お前の体はこの世にたった一つしかない。お前自身が愛を注いでやらないでどうする。自分を愛せ。」

 

思い返すと、さやかは自分に言い訳ばかりして逃げ腰でした。

 

せっかくイケメン王子と出会っても「どうせアラサー独身女子だから」と、引き気味の態度でした。

 

自分を愛せていなかった証拠ですよね。

和也に簡単に体を許したのは、自分を愛していたというより、和也を拒むことができず流されてしまっただけで、久しぶりに和也から連絡がきたときも、和也に執着するあまり、自分を押し殺し和也に合わせようとしていました。

これも自分を愛せていなかった証拠ではないでしょうか。

 

ドラマで見ていると、「それダメだよ」と突っ込むことができても、いざ自分の立場になると、さやかのような行動に出る人は多いと思います。

多分、私もその一人です。

 

「頭ではわかっていても心がついていかない」という言い訳のもと、体だけの関係を続けていく選択をやってしまいがちです。

 

だから余計に宇佐美の言葉が胸に刺さりました。

この選択が、自分への愛が足りないということなのだと気づかされました。

 

心のままに自分の体を安売りするのは、自分を大切にしていないということ。

ただ単に、自分を甘やかしているだけで愛情を注いでいるわけではない。

この2点を宇佐美の言葉で学びました。

 

たった一つしかない自分の体を大切にするということは、自分自身に愛情を注ぐことなんですよね。

自分に愛情を注げなければ、誰からも愛情なんて注いでもらえません。

 

恋愛においての初期中の初期の事柄ですが、様々な恋愛経験で見えなくなってしまったものを思い出したように感じました。

宇佐美の名言にいろいろと「ハッ」とさせられました。

 

おすすめの関連記事はこちら!

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA