絶対零度シーズン3 9話、最終回(10話)あらすじネタバレと井沢の涙

2018年7月期から始まった夏の新ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(シーズン3)』ですが、もともとは上戸彩さん主演でしたが今回は沢村一樹さん主演になり、以前のシーズンとなる

「絶対零度 未解決事件特命捜査(シーズン1)」
「絶対零度 特殊犯罪潜入捜査(シーズン2)」

この2つとはガラッと世界観がかわりました。

そこで今回は、シーズン3となるドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』9話と最終回(10話)のあらすじやネタバレ感想、印象に残ったシーン、動画をお試し無料視聴する方法について紹介していくので、最後までみていってくださいね!

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)のおすすめ関連記事
>>ドラマ「絶対零度シーズン3」全話のあらすじネタバレはこちら

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)の動画を無料お試しで視聴する方法

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」の動画は「FODプレミアム」を使うことで無料視聴することができます。

 

「FODプレミアム」はフジテレビの公式動画配信サービスで、期間限定でドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」の全話を見放題で楽しむことが可能。

 

というのも、「FODプレミアム」は初回2週間無料トライアルになるので、この無料期間を活用することでドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」全話を全て視聴できるというわけです。

 

登録料なども発生しないので、無料期間に解約すれば全く費用はかかりません。

 

これを機会に最後までチェックしてみるといいですよ!

>>絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)動画の無料お試しはこちら

※初回2週間無料トライアルの対象になるには、Amazon Pay及びアプリ内課金を利用しての登録が必須になります。

FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。
⇒ FODプレミアムの登録の流れはこちら

 

本サイトの配信情報は2018年9月11日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはFODの公式ホームページを確認してくださいね。

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の最終回に向けて、沢村一樹さんのアクションの特集動画も公開されていますよ↓↓

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)9話のあらすじ・見どころ

井沢(沢村一樹)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げていた。それを受け、警視庁上層部は、国家公安委員会で意見をまとめ、次のステージとなる法制化に向けて政界に働きかけると東堂(伊藤淳史)に伝える。

そんな中、「ミハン」が驚くべき危険人物をリストアップした。SP――警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)だ。石塚は、要人警護のスペシャリストで、逮捕術、格闘術など、すべての面で突出した能力を持つ男で、井沢自身も面識があった。また、プライベートでは「開かれた警察」を目的に、地域住民に武術を教える活動もしているのだという。人を守るはずのSPが、人を殺す――!?

東堂は、モニターに直近1週間の石塚の監視記録を映し出した。そこで山内(横山裕)は、ふたつの監視映像に映り込んでいる桜木泉(上戸彩)らしき女性の姿に気づく。ベトナムで死んだはずの桜木は生きているのではないか――。だとしたら、彼女はなぜ石塚を追っているのか――。井沢は、今回の危険人物を止めることが、桜木泉や、その先の真実にも繋がっていると考えた。

石塚をマークしていた小田切(本田翼)は、早々に尾行を見破られる。圧倒的な強さで小田切をとらえる石塚。覚悟を決めた小田切は、資料課分室に所属する警察官であることを打ち明け、格闘技を教えてもらおうと思ったと嘘をつく。小田切が井沢の部下であることを知った石塚は、彼女の申し出を受け入れる。

一方、山内とともに石塚のマンションに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知るが……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index09.html

 

今回の危険人物は要人警護のスペシャリストである警護課のSP。

ミハンチームにとって最強の敵とも言えるこの危険人物の陰には、死んだはずの桜木の姿がありました。

要人警護という立場で、最もターゲットを殺害しやすいポジションにある危険人物の殺人を食い止めることができるのか、そして桜木の目的とは何なのかが見どころです。

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)9話のあらすじネタバレ感想

危険人物として、ミハンが割り出したのは警護課のSP・石塚(高橋努)でした。

武術に優れている石塚が、要人警護という立場を利用して要人の殺害を企てているとしたら、ミハンチームにとって最強の敵となり得ると東堂(伊藤淳史)から語られます。

 

石塚の監視映像を見ていた山内(横山裕)が、映像に映りこんでいる桜木(上戸彩)を発見します。

2か所に映りこんでいる桜木の様子を見て、単なる偶然ではなく、桜木が何らかの形で石塚を見張っている可能性が高まります。

 

桜木が死を装ってまで、なんらかの捜査を進めていると感じた井沢(沢村一樹)は、

「今回の危険人物は、桜木と何かしら繋がっている。
石塚を追えば、自ずと真実が見えてくるはずだよ」

と話します。

 

ミハンチームの捜査の結果、石塚の狙いは国家公安委員長の滝本(山田明郷)であることが判明します。

さらに、石塚の元同僚で、石塚をかばって殉職した森岡の妻子が拉致されていることも判明します。

 

署内の食堂で、井沢は石塚に声をかけます。

森岡の妻子が誘拐され、引き換え条件として、国家公安委員長の殺害を指示されているのではないかと、石塚に問います。

 

井沢は、自分の妻子が殺害されたときの状況を振り返り、

「一線を越えた先の苦しみをあなたはわかっていない」

と石塚を諭しますが、

「他に選択肢があるなら、教えてください」

と石塚に聞き返されてしまい、言葉が出てきません。

 

森岡の妻子が拉致されたときの映像から、ミハンが人物を特定します。

帝都ツーリストという旅行代理店の社員・三城という人物でした。

山内は、桜木が残したメモに書かれた大企業の幹部たちが、帝都ツーリストを利用して海外に旅行に行っていたことを思い出します。

 

ついに石塚の決行の日が訪れます。

井沢にマークされていることに気づきながらも、意志は変わらない石塚。

 

一方、山内と小田切(本田翼)は、森岡の妻子を拉致した犯人を追います。

三城が使用したクレジットカードの履歴から、居場所が判明します。

 

さらに、桜木のメモにあった大企業の幹部たちの家族も、海外で誘拐事件に遭っていたことも判明します。

桜木は、誘拐ビジネスを追っていたようです。

 

誘拐ビジネスをしている犯人グループが、誘拐ビジネスを一掃しようとしている国家公安委員長の命を狙っていたのです。

 

石塚は、爆弾が仕掛けられているというニセの情報で、車を乗り換えるよう滝本ともう1人のSPを誘導し、2人を気絶させます。

 

駆けつけた井沢と対峙し、2人は銃を構えますが、

「あなたに人は殺せない」

と井沢が銃を降ろし、石塚も結局引き金を引くことができません。

 

そこに森岡の妻子を救助したという連絡が入ります。

森岡の妻子の声を聞いて、石塚は涙を流します。

 

山内は、拉致されていた現場のパソコンから、データのコピーをしようと試みますが、背後から襲われ意識を失います。

 

山内と連絡がつかないと小田切が呟いたのを聞いた井沢は走り出します。

 

山内は、犯人グループに拷問をされています。

何も話さない山内に、犯人グループの1人が銃を突きつけたとき、背後から桜木が銃をつきつけ、その場を一掃します。

過去のシリーズの桜木とはまるで違う迫力です。

 

そして、そこに井沢が現れます。

井沢は桜木に声をかけますが、桜木は憎しみを込めた目で井沢をにらみ、井沢に向けて銃を構えます。

 

ここで第9話はおしまいです。

>>絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)全話のあらすじネタバレはこちら

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)9話のあらすじネタバレで印象に残った言葉・シーン

食堂で、井沢が石塚を説得するシーンが印象出来でした。

 

井沢と石塚は、「愛するものを奪われる」という同じ環境に置かれている2人です。

しかも警察官であるが故に、愛されるものの命を危険にさらしているのです。

 

同じ環境に置かれている井沢と石塚ですが、大きく違うのは、“奪われた”という事実の有無です。

井沢はすでに愛するものを奪われていますが、石塚はまだ奪われていません。

 

“一線を越えた先にある苦しみ”を知っている井沢の本心がわかるシーンでもあり、今まで明かされなかった井沢範人という人物の謎も明らかになったシーンでした。

 

妻子を突然殺害された井沢は、実行犯である宇佐美を殺害する直前までいっていました。

警察官でありながら、本気で人を殺そうとしていたその感覚は、未だに抜けることがなかったのです。

 

自分の中で“殺人を犯した”“一線を越えた”と認識している井沢は、最も憎むべき殺人鬼が自分の中に潜んでいることに気づいてしまい、苦しんでいたのです。

ドラマの前半に出てきていた“処刑人”が井沢ではないかと疑っていましたが、井沢にはやはり殺人鬼が棲みついていたんですね。

必死に殺人鬼を抑えているものの、殺人鬼が棲みついているからこそ危ういところがあったのだと理解できました。

 

一線を越えるというのは、殺人鬼が自分の中に棲み続けていくということなのでしょうか。

苦悩を知る井沢だからこそ井沢は一線を越えさせまいと、ミハンがはじきだした危険人物を止め続けてきたんですね。

「こんなやつ死んでしまえばいいのに」と思うようなケースもありましたが、井沢はいつだってその一線を越えさせないようにしていました。

 

殺人という一線を越えることの重さが伝わって来ました。

 

そして!第9話の最後についに桜木が出てきました!

山内のピンチをクールに救ったシーンは、とてつもなくカッコよかったです。

 

過去の絶対零度シリーズで“亀”と呼ばわれていたノロマな桜木の姿が全くないと言えるほど、かっこよかったです。

そしてとんでもなく冷たい目で井沢に銃を突き付けました。

 

桜木の心には、一体どんな憎しみが宿っているのでしょうか。

“亀らしさ”があまり感じ取れませんでしたが、憎しみの根本には、桜木らしい被害者を思う心なのかもしれません。

真実が明かされる次回のお話しがとても気になります!

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)最終回(10話)のあらすじ・見どころ

井沢(沢村一樹)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向かう。
するとそこに、ベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)の姿があった。桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、何故か井沢に銃を向ける。
「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」。桜木は憎しみの眼差しで井沢にそう告げると、現場から立ち去る。

井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのか、と東堂(伊藤淳史)に尋ねる。すると東堂は、新たな危険人物を表示する――それは、「桜木泉」。

死んだと偽装し、日本に潜伏する彼女は、いったい誰を殺そうとしているのか!?

桜木泉を捜査することになったミハンチーム。
すべての発端はベトナムにある。ベトナムへと向かった井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触する。

捜査していく中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことがわかる。谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物を使って殺そうとしていた。谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕)だった。

だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪していた。――謎が深まる中、ミハンと桜木の意外な繋がりが浮かび上がってきて……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index10.html

 

最後の危険人物は桜木泉。

桜木が知る真実は何なのか!?そして黒幕の登場で井沢の復讐はどうなるのか!?これからミハンはどうなってしまうのか!?
衝撃のラストが見どころです!

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)最終回(10話)のあらすじネタバレ感想

ミハンシステムが危険人物として桜木泉を割り出します。

死んだと見せかけ偽造パスポートで入国し、違法に拳銃を入手している桜木は、誰かを殺そうとしている…。

そう言って東堂(伊藤淳史)はミハンチームに捜査を命じます。

 

井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)は桜木がいたベトナムにまで出向き、ベトナムの刑事グエン(フォンチー)から桜木が死を偽装するに至った経緯を聞き出します。

 

ベトナムで爆弾を使って証券会社の支店長と娘の由紀子(桜井ユキ)を殺害しようとしていた証券会社社員の谷口(斉藤佑介)。

しかし、事を起こす前に井沢の元同僚・赤川(須田邦裕)によって射殺。

その後赤川はホテルの屋上から転落死、翌日桜木は失踪していました。

 

東堂の指示でホテルに潜伏していた桜木を見つけたミハンチーム。

井沢は桜木から事の経緯をすべて聞き出します。

桜木が失踪する前にしていた捜査は、ミハンの捜査。

 

谷口の事件はミハン捜査であってはならない冤罪だったのです。

宇佐美(奥野瑛太)に殺人までやらせてすべてをもみ消していた男…。

それは東堂でした。

やっぱり、そう来ますよね。

 

あっさり隠蔽を認めた東堂でしたが、井沢はその先の黒幕の存在に気づいていました。

思いがけない展開です。衝撃的でした。

 

本当の黒幕は、町田次長(中村育二)でした。

ミハンを使って出世を目論んでいました。

自分なりの決着をつけると東堂は町田の元へ向かいます。

 

井沢はミハンによって東堂が狙われていることに気づきます。

案の定東堂はミハンが割り出した危険人物に刺されてしまいます。

東堂までも口封じの標的になり、井沢の怒りはマックスに。

 

鬼気迫る姿で町田次長の元へ向かった井沢。

ついに井沢の復讐が幕を開けます!

井沢は妻子、田村(平田満)、東堂の姿を思い浮かべ、銃を町田次長に突き付けます。

 

井沢を止めようとミハンチームは必死に井沢に呼びかけます。

ただ一人、桜木だけは「殺せばいい」と冷たい表情。

そして鳴り響く銃声。

 

しかし井沢は町田次長を撃っていませんでした。

井沢は町田次長を殺せませんでした。

 

桜木は山内からの問いかけに何も言わず資料課から出て行ってしまいます。

そして町田次長の罪は公になります。

傷を負った東堂も罪に問われることになります。

 

ミハンは引き続きテストケースとして続いていくことになります。

逮捕された東堂の面会に行った井沢は、自ら命を絶とうとしている東堂に、これからのミハンの行く先を見届けてほしいと迫ります。

 

そこにミハンが新たな危険人物をたたき出したと連絡が入ります。

 

井沢は、

「止めに行きます。これから起こる犯罪を」

と東堂に宣言します。

 

ここで第10話はおしまいです。

 

桜木はどうなってしまったんでしょうか。

気になるのはこの一点だけです。

実際殺人を犯さなかったにしても、一線を越えてしまった桜木は、もう刑事ではいられないですもんね。

 

ほとんどハッピーエンドですが、桜木の未来を考えると、なんだかスッキリしませんでした。

>>絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)全話のあらすじネタバレはこちら

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)最終回(10話)あらすじネタバレで印象に残った言葉・シーン

井沢が町田次長を殺せなかったと涙するシーンでの言葉が、井沢の仲間思いで優しい、本来あるべき正義を表していて、たった2つのセリフでしたが涙が出ました。

 

「殺せなかった…。みんなの声が聞こえて…。殺せなかった…」

こんなに涙して、素直な思いを吐露する井沢は初めてです。

 

「山内くん、小田切くん、お腹空いたね」

と表情を変えたときの井沢はいつもの井沢でした。

 

とりあえずこのギャップは井沢の魅力です。

 

“一線を越えた先”に井沢が行かず本物の殺人者にならなかったのは、一人じゃなかったからなんですよね。

 

井沢が妻子を殺害した宇佐美を殺そうとした、本人は殺したと思っているときは“一人”だったけど、最も憎むべき復讐相手を目の前にしたときは一人じゃなかった。

 

だからこそ一線を越えずに済んだという仲間の大切さを訴えていました。

 

山内や小田切に「お腹空いたね」と言ったのも、仲間の大切さを実感し、感謝しているからこそだったのかもしれません。

井沢が思っている以上に、井沢にとってミハンチームは大切な存在だったんでしょうね。

 

井沢が思わず見せてしまった弱い部分と、仲間への感謝に満ち溢れていて胸が熱くなりました。

 

そしてラストシーン。生気を失っている東堂に「生きろ」と迫る井沢に鳥肌が立ちました。

 

そもそも井沢は人の思いにとても敏感で、さらに行動予測ができる天才だったんだと痛感しました。

 

東堂が死のうとしていることに気づいて面会に来たわけですから。

 

東堂にとってミハンはたくさんの人の死を取りこぼさないための、そして田村の意志を貫くための、

とても大切なものです。

 

ミハンによって救われた命があるように、ミハンによって奪われた命もあります。

 

町田次長の罪が明るみに出たことで、ミハンの継続は難しいと東堂も察したのでしょう。

むしろ人の犠牲の上に成り立つミハンを続ける意味を、どこか見失っていたのかもしれません。

 

井沢はそんな東堂の思いをすべて汲み取り、ミハンを守り抜くと宣言し、ミハンを多くの犠牲と引き換えにここまで守ってきた東堂だからこそ、行く末を見届けろ、だから生きろと迫ります。

 

でも、単純に井沢は東堂に死んでほしくなかったんでしょうね。

結局仲間思いな人ですから。

どんな理由があっても死んでほしくないという井沢の強い思いが、東堂の胸ぐらを掴んでまで「生きろ」と迫らせたように思います。

 

そしてミハンを使う上で一番大切なこと。

 

「これから起こる犯罪を止める」

と東堂に宣言して、東堂が見失ってしまっているものを取り戻したかったのでしょう。

 

井沢のどこまでも抜かりない感じと、鬼気迫った表情の奥に秘められている熱い仲間への思いは、鳥肌ものでした!

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)の動画を無料お試しで視聴する方法

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」の動画は「FODプレミアム」を使うことで無料視聴することができます。

 

「FODプレミアム」はフジテレビの公式動画配信サービスで、期間限定でドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」の全話を見放題で楽しむことが可能。

 

というのも、「FODプレミアム」は初回2週間無料トライアルになるので、この無料期間を活用することでドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)」全話を全て視聴できるというわけです。

 

登録料なども発生しないので、無料期間に解約すれば全く費用はかかりません。

 

これを機会に最後までチェックしてみるといいですよ!

>>絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)動画の無料お試しはこちら

※初回2週間無料トライアルの対象になるには、Amazon Pay及びアプリ内課金を利用しての登録が必須になります。

FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。
⇒ FODプレミアムの登録の流れはこちら

 

本サイトの配信情報は2018年9月11日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはFODの公式ホームページを確認してくださいね。

 

おすすめの関連記事はこちら!

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA