家族の旅路 ドラマ1話あらすじネタバレ感想!真犯人は?

フジテレビの『オトナの土ドラ』枠として放送がスタートした「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」

この家族の旅路はタッキーこと滝沢秀明さんが主演を務めているですが、滝沢 秀明さんが主演のドラマはかなり久々。

今回の滝沢秀明さんは弁護士役を演じているのですが、かなり悲惨な過去をもった役のようです。

なので今回は、ドラマ「家族の旅路」の第1話のあらすじ、ネタバレを含んだ視聴者さんの感想を紹介していきますね!

 

ドラマ「家族の旅路」1話の予告動画

https://youtu.be/-PHgM2N9t9g

ドラマ「家族の旅路」1話のあらすじ

 

「柳瀬光三に会ってください。――あなたのご両親を殺した男です」
その女性の言葉に、若手弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)は凍りついた。

東京・下町にある法律事務所。祐介は、所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎)の下、忙しく働く毎日を送っていた。 ある日、事務所に河村礼菜(谷村美月)という女性が祐介を訪ねて来る。彼女はなぜか祐介の素性を知っていた。 実は、祐介の両親と祖父は30年前、柳瀬光三(遠藤憲一)という男に殺害され、赤ん坊だった祐介はその後、母親の姉夫婦に養子として育てられてきたのだった。裁判では、柳瀬は無実を訴えたが、 3度もの再審請求を棄却され、現在死刑囚として服役中の身となっていた。
祐介に対し礼菜は、驚くべき依頼をする。「あなたでなければできない仕事だから」

柳瀬は、末期がんで余命わずかな礼菜の母・河村あかね(横山めぐみ)の最初の夫だったという。 柳瀬との間には、事件を境に行方不明になっている光男という子どもがいて、礼菜は母のために光男の行方を捜したいと願っていた。 事件の生き残りである祐介なら柳瀬から真実を聞き出すことが出来るはず――それが礼菜の考えだった。 死刑囚への面会は、再審を担当する弁護人に限られる。礼菜が言っているのは、被害者遺族である祐介に柳瀬の再審弁護人に なってほしいということと同じであった。「冗談じゃない!」祐介は礼菜を追い返してしまう。

長年にわたり親の仇と信じていた男の弁護など出来るものか… 一度はそう思った祐介だったが、そんな彼に江戸っ子気質のベテラン弁護士・澤田は声をかける。 「だがな祐介、弁護士である以上、感情に流されて可能性をつぶすことは断じて許されねえぞ。それが親を殺した相手であってもだ」 その言葉に我に返る祐介。弁護士としての本分を思い出し、祐介は事件に向き合う決意をする。
祐介は、改めて礼菜に事件の話を聞く。初めて耳にする事件の犯人・柳瀬の背景。祐介の育ての母・由美子(いしのようこ)は、殺害された実母の姉だ。 事件を追うことは、本当の息子のように育ててくれた今の両親を苦しめることになりはしないか…その心は乱れるのだった。
ある日の、東京中央拘置所。そこに祐介の姿があった。 柳瀬の独房に、刑務官の声が響き渡る。
「柳瀬、面会だ」

引用元:http://tokai-tv.com/kazokunotabiji/story/01.html

 

ドラマ「家族の旅路」のキャスト

引用元:http://tokai-tv.com/kazokunotabiji/chart/

 

浅利 祐介:滝沢 秀明
河村 礼菜:谷村 美月
河村 あかね:横山 めぐみ
浅利 孝信:益岡 徹
浅利 由美子:いしのようこ
桜井 良太:長谷川 純
花木 重彦:目黒 祐樹
河村 真二:小林 タカ鹿
松枝 栄二郎:石丸 謙二郎
津村 佐智子:朝加 真由美
澤田 陽一郎:片岡 鶴太郎(特別出演)
柳瀬 光三:遠藤 憲一

 

ドラマ「家族の旅路」1話のネタバレ感想

 

女性・40代
評価:★★★★☆
冒頭から一家惨殺シーンで始まり、その一家の生き残りの祐介が犯人とその周りの人物に巻き込まれていくのが興味そそられました。
弁護士になり立派に育った被害者遺族の祐介に加害者側の身内が犯人が残した行方不明の子供みつおを探して欲しいなんて現実的には怒り揉める出来事だけど、祐介も気になりだして話を聞いて動き出したのは人間の真実真相を知りたい衝動に思いました。
キャストもそれぞれ役柄にピッタリでミステリアスな毎回見逃せないドラマになりそうです。
女性・40代
評価:★★★★☆
河村礼菜が母の連絡先を調べている中で見つけた古い新聞から母の実家を探しておじいちゃんに会いに行ったのに、ちっとも喜んでくれず衝撃的な話を聞かせるなんて残酷だなと思いました。
また、祐介を育ててくれた孝信が由美子を悲しませることだけはお互いにやめようと祐介に語っているところを見て、何年経とうが事件の被害者も加害者も関係なくみんながいろいろな影響を受けていることに気付かされました。
柳瀬の供述からはすべてが語られているとは思えず謎が多いです。
女性・50代
評価:★★★☆☆
復讐劇かと、思っていたけど、もしかして犯人は別にいる?サスペンス?そう思うと登場人物みんな怪しい。
主人公を養子にして育てている姉夫婦もなにかいわくありげだし……。
犯人の元妻も、彼女の再婚相手の男もロクなもんじゃない、てカンジだし。それに元妻の父親もなにか胡散臭い。
そもそも、主人公は本当に被害者の子供か?もしかして犯人の子と、すり替わってないか?
得体の知れない人間同士、それがぶつかり合い、苦難の末ホンモノの家族になっていく、「家族の旅路」てタイトルからして、ホームドラマなのか、やはりこれは……。マンネリな気もする、予想を裏切ってくれる展開を今後に期待したい。
男性・50代
評価:★★★★☆
このドラマは、突然、赤ん坊のの時に家族を殺された過去を持つ人物で、そんな過去を抱きかかえながらも義理の両親を大切にしながら弁護士として立派に生きています。
弁護士として向き合った柳瀬死刑囚との面会した時は、表情からどんなに葛藤したんだろうか、また、一方の柳瀬死刑囚の顔も、悲しいような切ないようないい演技でした。
どの様な過去を持っているのでしょうか、柳瀬死刑囚のだけが知ってる真実は、きっと想像を絶するものなんだと思います。
柳瀬と対峙しようとする反面、柳瀬の言葉を聞いてやっぱり許せない怒りが込み上げてくる感じとか本当に良かったと思います。
あと、ベテラン弁護士・澤田が言った「だがな祐介、弁護士である以上、感情に流されて可能性をつぶすことは断じて許されねえぞ。
それが親を殺した相手であってもだ」という言葉にはジーンと感情が揺さぶられてしまいました。
それと余談ですが、河村さんがスナックでの接客のシーンがとってもセクシーで私もこのスナックに行きたくなりました。
男性・30代
評価:★★★★☆
シンプルに柳瀬が冤罪かどうかを探っていくだけのドラマかと思っていたのですが、そういうものでもなさそうなので面白かったです。30年前に事件には柳瀬が語っていない秘密がまだまだ隠されていそうですし、それが関係者にもたらした影響も小さくはないようです。
その秘密を30年経った今になって解き明かしていき、関係者を今一度事件に向き合わせるのははたしていい事なのかどうか。
ここから先の展開がどうなっていくのか楽しみですね。
女性・30代
評価:★★★★☆
1話を見た限りでは、真犯人は他にいそうな気がします。しかし、それなら何故柳瀬は自分がやったと言ったのか。
ありきたりなサスペンスドラマなら、柳瀬が誰かを庇っていることになります。しかし庇っているとしたら、再審請求もしないはずです。
本当に柳瀬が犯人で、祐介は柳瀬の弁護をすることで事件に区切りをつけるというような単純な話でもないと思います。
先の読めない気になるドラマです。
光男くんは見つかるのでしょうか。
もし見つかったときは祐介はどうするのか、それもこの先楽しみです。
女性・30代
評価:★★★★★
自分の家族を殺されたタッキー演じる浅利が、礼菜の頼みを迷うものの、引き受けて、家族を殺した犯人に会いに行くというメンタルが強靭ですごいなと思いました。
いくら弁護士魂を所長に吹き込まれて育ってきたからと言って、自分を殺した家族となれば別となるのが普通だと思います。
それでも会いに行ったのは自分を生かしておいてくれた優しさをどこかで感じたからなのでしょうか、浅利が赤ちゃんだった頃、柳瀬の子供も赤ちゃんで、共通点があるとしたらそこだけで、それで心が揺らいで、弁護することを決めたのかなとも思いました。
浅利役のタッキーがとにかくカッコいい、遠藤憲一さんとのペアで見ると超豪華なキャスティングだと思い、今後も非常に楽しみです。
女性・40代
評価:★★★☆☆
まず最初に、タッキーってあんなに演技が下手でしたっけ?
エンケンさんとの面会で怒鳴るシーンで、あまりのタッキーの下手さに驚いてしまいました。
あと、エンケンさんのヅラはあれで良かったの?
ヅラが気になって、物語が頭に入ってきませんでした。
エンケンさんが預けようとしていた息子の光男がタッキーだったりするんですかね?
一家惨殺事件の赤ちゃんと入れ替わっているというオチかな?
エンケンさんは「せめて子どもだけは幸せになって欲しい。」とすり替えたのかも。
もしそうだったら一家惨殺事件の子どもはどこにいるんでしょうかね。
これから新事実がどんどんあきらかになっていくんでしょうね。
女性・30代
評価:★★★★☆
浅利祐介は自分の家族を殺した犯人を弁護する、というなかなか衝撃的なストーリーでした。
疑問に思ったのは、柳瀬は本当に犯人なのかという事です。事件当日の回想シーンでを見ても、彼が大富一家を殺害するには動機が弱すぎる気がします。自分と同じ年頃の子を持つ、優しそうな両親と祖父を簡単に殺せるでしょうか。
もし彼が無実なら死刑執行はありえませんし、真犯人を捕まえるべきです。
今後は事件の新事実が色々出てくるかと思われます。祐介は調べを進めていくうち、柳瀬の無実を確信するのではないでしょうか。
また柳瀬の消えた息子の行方も気になる所です。祐介はどう事件の真相を暴いていくのか、そして柳瀬を救う事はできるのでしょうか。

 

おすすめの関連記事はこちら!

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA