コードブルー3 動画4話の無料と藍沢と白石が彼の死に・・・

大人気ドラマの『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rdシーズン』ですが、今回はこのドラマの3rdシーズンの第4話について。

1stシーズンから3rdシーズン、映画化まで決まった作品ですから、今さら言うまでもない注目度ですよね!

今回は、この「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」3rdシーズン第4話の見どころやネタバレあらすじ、印象に残った言葉・シーンからコードブルー3rdシーズンの動画を無料で視聴する方法までお伝えしていきます!

 

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」の関連記事

>>「コードブルー3rdシーズン」全話のあらすじネタバレはこちら

>>ドラマ「コードブルー2ndシーズン」全話のあらすじネタバレはこちら

>>ドラマ「コードブルー1stシーズン」全話のあらすじネタバレはこちら

 

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」第4話のあらすじ・見どころ

 

第4話「笑顔の効能」
視聴率:13.8%

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

出典:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index04.html

 

治療に立ちはだかる困難に、正面から向かっていく救命スタッフですが、どんなに救える医療があっても、救えない命があるという現実にもぶつかります。

 

それでも医者が「人」として何ができるのか、その答えを見つけていく姿が見どころです。

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」第4話のネタバレ感想

 

藍沢(山下智久)の元に、奏(田鍋梨々花)が発作を起こし入院したという連絡が入ります。

手術に同意していない奏を説得するよう藍沢に頼む新海(安藤政信)。

 

バーベキュー中の事故で負傷した家族の救助にドクターヘリ要請が入ります。

同じタイミングで橘(椎名桔平)の元に三井(りょう)から息子の優輔が急変したと連絡が入り、橘は優輔の元へ駆けつけ、井上(滝藤賢一)と処置に当たり、とりあえずは事なきを得ます。

 

現場に向かった藍沢、名取(有岡大貴)、雪村(馬場ふみか)は、8歳の少年の処置に当たります。

首にバーベキュー用の串が刺さってしまっている少年は、すぐさま初療室に運ばれます。

串を抜くため大掛かりなオペとなると判断した藍沢は、新海と2人でオペに挑み、オペは成功します。

華麗なオペに感動する灰谷(成田凌)と横峯(新木優子)を横目に、冷めた態度の名取。

 

緋山(戸田恵梨香)の元に、拡張型心筋症を患う暁人が心停止をしたと連絡が入ります。

橘を筆頭に救命スタッフが緊急オペを行いますが、亡くなってしまいます。

優輔同様、移植希望を出していた暁人の死にショックを隠せない橘。

暁人の死を聞きながらも、平然と装う優輔でしたが、親子3人で花火を見て思わず暁人を
思って泣いてしまいます。

そんな優輔に笑顔で語りかける三井の姿を見て、優輔は喜びます。

 

藍沢は、奏の病室に行き手術を受けるよう説得します。

手術を受けることでピアノが弾けなくなってもリハビリをすれば、また今のように弾けるようになるかもしれないと伝え、

「君はとても強い。だから大丈夫だ」と笑顔で話します。

その姿を見た奏は、藍沢が執刀することを条件に手術を受けることを決意します。

 

緋山は患者の緒方(丸山智己)に弱音を吐いて励ましてもらいます。

緒方に対し、恋心を抱く緋山は朝食におにぎりを買って緒方の病室を訪れます。

しかしそこには、緒方の妻の姿があり驚愕します。

 

その後、奏の体調が急変。

緊急オペに向かうところで第4話はおしまいです。

>>ドラマ「コードブルー3rdシーズン」第5話のあらすじネタバレはこちら

>>「コードブルー3rdシーズン」全話のあらすじネタバレはこちら

 

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」第4話で印象に残った言葉・シーン

 

まず1つ目に印象に残ったシーンは、暁人と橘のシーンです。

優輔が急変して処置をしたあと、ベッドで眠る優輔を見つめる暁人に、「声をかけてあげて」と頼む橘。

橘も、優輔と暁人の友情はお互いの支えになっていると思っているからこそ、そのように声をかけたのだと思います。

だからこそ、暁人のオペのときに、優輔の分も背負って「がんばれ、がんばれ」と暁人に声をかけ続けたのだと思いました。

 

もちろん、暁人の姿が優輔とダブって見えていたのもあると思います。

橘の、医者としてというより、父親として暁人を救うことが優輔を救うことにつながっているという思いを感じました。

オペ室にいる誰よりも、暁人を救いたかったであろう橘の姿は、泣けました。

 

暁人の死にショックを受けた藍沢と白石(新垣結衣)が医局で語るシーンの言葉も印象に残りました。

藍沢の「命を救う方法はわかっているのに、臓器がなければその医療を提供することもできない」という言葉に、白石が「助ける方法があるのにね」と返すシーンです。

 

臓器移植で助けられる命なのに、臓器がないが故に助けられなかった無念さを嘆く言葉で、まさにその通りなので医者の苦悩を感じました。

目の前の患者になす術がないわけでもないのに、臓器がないからなす術がなくなってしまうというのは、なんとも悲しいですね。

 

 

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」動画の無料視聴方法

 

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」の動画は「FODプレミアム」を使うことで無料視聴することができます。

 

「FODプレミアム」はフジテレビの公式動画配信サービスで、期間限定で第2話だけでなくドラマ「コードブルー3rdシーズン」全話を見放題で楽しむことが可能。

 

というのも、「FODプレミアム」は初回2週間は無料期間になるので、この無料期間を活用することでドラマ「コードブルー 3rdシーズン」全話を全て視聴できるというわけです。

 

登録料なども発生しないので、無料期間に解約すれば全く費用はかかりません。

 

これを機会に最後までチェックしてみるといいですよ!

>>[PR]FOD(フジテレビオンデマンド)の無料お試しはこちら

 

FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。
⇒ FODプレミアムの登録の流れはこちら

 

本サイトの配信情報は2018年5月19日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはFODの公式ホームページを確認してくださいね。

 

 

おすすめの関連記事はこちら!

おすすめの動画配信サービス

ドラマや映画(邦画、洋画)、電子書籍など、お得に楽しむことができるおすすめの動画配信サービスを紹介します!

実際にサービスを利用した方の口コミや評価なども紹介しているので参考にしてみてください♪

最新記事

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA